売却案件情報
教育・学校
オンラインフィットネスサービス(東京都、株式譲渡)

案件ID:90
公開日:2021年12月27日
更新日:2022年1月28日
閲覧数:235
売却希望価格
1,000万円〜3,000万円
売上高(年)
--〜--
営業利益(年)
--〜--
所在地
東京都
財務情報
資産
--〜--
負債
--〜--
純資産
--〜--

案件概要
譲渡対象資産
会社譲渡
従業員数
譲渡理由
事業見直しのため
譲渡理由(補足)
事業内容
■事業概要
・事業内容
オンラインフィットネスサービスを運営する事業会社です。 コロナ禍の運動不足、姿勢改善など様々な顧客ニーズや目的にあった指導で男女問わずいつでもどこでも受講が可能なサービスです。 オンラインフィットネス市場はコロナ禍のおいても米国含め世界的成長市場ですが、日本では「継続できない」人が大半の状態です。それが解決できるサービスとなっています。 また「美容」「健康食品」「ウエア」「瞑想」「マインドフルネス」などとの領域とのシナジーを作っていくことも検討しています。
テストマーケのですが、直近の月商が200万円を超えてきています。 課金モデルはサブスクリプション型ですが、オプションで高単価サービスの販売実績もあり 会員との強固な信頼関係が確認でき、お金に余裕がある質の良い会員層だと考えられます。

●商品、サービスの特徴
サブスクリプション型で、 スタジオ価格の半額以下で、家族での参加も可能です。 平均単価は約10,000円で、月額約5,000円〜から気軽に始められる料金設定で気軽に始めることができます。またオンラインなので自宅などどこでもいつでもフィットネスが出来ます。 個別のレッスン以外にも、月会員のみ無料で参加できるグループレッスンも 毎月開催し、動画でいつでも視聴しながらのレッスンをすることが可能です。

●顧客取引先の特徴
健康、ダイエット、コロナ禍での運動不足解消を目的とした30-50代の女性が中心で、お金と時間に余裕がある会員層です。

●従業員、組織の特徴
サービス運営・インストラクター採用と教育、顧客対応などの運用フローがマニュアル化されていて自走できている組織が特徴です。

●強み、アピールポイント
・会員数を開業以来増加し続けている
・毎月新規のインストラクター応募が 数十名 を超えている(採用関連の広告費ゼロ)
・コロナ禍、アフターコロナを見据えてフィットネス事業の戦略の一 つになるオンラインサービス
・フィットネス周辺領域へのコンテンツ強化が見込めます ツを追加して横展開による成長が見込める
・サービス運営・インストラクター採用と教育、顧客対応などの運用フローがマニュアル化されていて自走できている
・フィットネスでもある分野に特化した日本初のサービスで「youtube無料動画では継続出来ない人」のニーズを満たすサービス
製品サービス
■希望売却価格
2,000万円(株式譲渡1円、借入引き継ぎ2,000万円も可能)

■売却スキーム
株式譲渡

■売却理由・経緯
他事業へ集中のため

■財務情報(今期10カ月)
・2021年2月~11月
売上高:11,941千円
売上原価:8,723千円(インストラクター)
販管費:29,765千円
(内訳)
外注費:8,169千円
広告宣伝:18,562千円
営業利益:▲26,547千円
※直近の売上高推移
9月:1,743千円
10月:1,867千円
11月:2,114千円

■その他
・インストラクター(業務委託)約50名、会員約200名
事業の強み弱み
補足情報
交渉メッセージの送信