売却案件情報
IT・WEBサービス
Youtubeチャンネル売却(事業売却)

案件ID:51
公開日:2021年3月13日
更新日:2021年4月12日
閲覧数:174
売却希望価格
1億円〜1億円
売上高(年)
5,000万円〜7,500万円
営業利益(年)
3,000万円〜5,000万円
所在地
東京都
財務情報
資産
--〜--
負債
--〜--
純資産
--〜--

案件概要
譲渡対象資産
事業譲渡
従業員数
譲渡理由
その他
譲渡理由(補足)
新規事業の投資資金及び人材等のリソース確保のため
事業内容
本Youtubeチャンネルは、総再生回数5億回、チャンネル登録者数50万人以上の漫画系ではトップクラスの認知度を誇るYOUTUBEチャンネルです。
動画は実際に合った感動する話や凄惨な事件などを本Youtubeチャンネルに沿うように編集して漫画にしています。毎日配信(1日2回投稿もあり)で投稿動画数は500本を超え、100万回再生を超える動画も100本以上あります。
登録者数は毎日1,000人~2,000人ペースで伸びており、登録者100万人も視野に入っております。
譲渡会社は、複数のYoutubeチャンネルを運営しており、姉妹チャンネルと連携の関係にあります。
製品サービス
■損益(2020年3月~2021年2月):
・売上高:61,193千円
・事業利益:32,843千円

■その他:
・特徴
1.映像のプロが届けるハイクオリティな動画
→映像制作のプロフェッショナルである代表が立ち上げた、テレビクオリティのマンガチャンネルです。現在は社内ディレクターを中心にコンテンツ制作が行われていますが、動画のクオリティはチェックしており、社内ディレクターで回っている今も再生回数が伸びる動画を当て続けています。
2.ハイクオリティの動画を制作するチームマネジメント
→実際の制作業務は各担当が外注となっており、社内ディレクターを中心に動画制作が運営されています。各外注スタッフについても動画のクオリティの担保、外注スタッフの生活の担保のためのマネジメント、高インセンティブの付与を徹底しています。
※外注体制で回るチャンネルは人材の出入りが激しい傾向にありますが、このチャンネルではそういったことがあまりおこりません。
3.収益性を高める動画コンテンツ
→扱っている動画のテーマが感動系の話が多いので企業案件、タイアップの実績は6件637万円の売上となりました。案件獲得のほとんどが企業側からの提案でこちらから営業活動することはありません。案件としても有名企業、有名ブランドからの提案を多く頂いています。

・運営体制について
→社内ディレクターが中心となり、各外注を連携を取りながら制作を進めていきます。
→社内ディレクター自身も作家となり自身が作った話を編集します。※週2本程度、ディレクターとしての作品のクオリティの担保、映像制作の感度を磨くために行っています。
→代表は台本制作時、マンガラフ完成時、サムネ、タイトルなど要所要所で適宜関わっています。

・譲渡後の条件について
1.買主様担当者、責任者のサポート、コンサル
→譲渡後買主のご担当者様、責任者様にケイコンテンツの社内ディレクターと同等の作業ができるようにサポート、コンサルを致します。期間は3~6カ月を想定しています。6カ月後は双方の状況に応じてご相談可能です。
2.姉妹チャンネル関係の継続
→今後も姉妹チャンネルの関係は継続して相互の再生が伸びるように致します。両チャンネルを連動した企画を年数回は行っていきます。
3.自社で新チャンネルの運営
→1.のサポートを受けて自社内で自走できるようになったあかつきには、自社内で新しいチャンネルの立ち上げが可能です。マンガチャンネルの他にも、貴社内でサービスをお持ちであれば、YOUTUBEを集客の入り口とした新たな展開が可能になります。
事業の強み弱み
補足情報
交渉メッセージの送信