売却案件情報
飲食店
和食外食チェーンストアのフランチャイズ店舗(沖縄4店舗)運営会社の株式譲渡

案件ID:40
公開日:2020年9月23日
更新日:2020年12月3日
閲覧数:278
売却希望価格
1億円〜1億円
売上高(年)
--〜--
営業利益(年)
--〜--
所在地
神奈川県
財務情報
資産
--〜--
負債
--〜--
純資産
--〜--

案件概要
譲渡対象資産
会社譲渡
従業員数
110
譲渡理由
事業見直しのため
譲渡理由(補足)
親会社は神奈川県を本社とし、ブランド買取や貴金属買取事業を主に飲食事業や不動産事業など複数事業を展開しており、他事業に集中するために売却を検討
事業内容
和食を中心とする外食チェーンストアを運営する大手企業のフランチャイズ店舗(沖縄4店舗)運営会社の株式譲渡です。家庭料理を意識した和定食などを提供する全国チェーンです。
製品サービス
■損益等:
(2020年3月期)
・売上高:445,912千円
・営業利益:8,617千円
・EBITDA:14,237千円
→減価償却費:5,620千円
・純資産:54,956千円
(2019年3月期)
・売上高:460,313千円
・営業利益:14,636千円
・EBITDA:20,916千円
→減価償却費:6,280千円
※6店舗→現在運営4店舗、対象となる4店舗で算出しております。

年倍法で算定した場合、
EBITDA:14,237千円(2020年3月期)
純資産:54,956千円×EBITDA:14,237千円の3~5年ですと97,667千円~126,141千円
事業の強み弱み
補足情報
・各店舗の運営主要メンバーは社員で構成(沖縄出身の社員は 少なく県外の社員の比率の方が高い。)
・パートアルバイトは各店舗ごとに現地採用をしている。
・どの店舗も相応に運営歴があるため、本社機能が遠隔地で あったとしても運営体制は確立できている事が強み
・日々、社内SNSでの情報連携をしながら、毎月1回 本社より現地入りし全体会議を行っている(コロナ禍以降はリモート会議)
交渉メッセージの送信